GNOMEの端末でssh-addを自動実行

はじめに

UbuntuのGNOME環境では「自動起動するアプリケーションの設定」でSSH鍵エージェントが設定されています。 端末を起動したときに自動的に ssh-add で秘密鍵を追加して一度だけパスフレーズを入力すれば 後はパスフレーズ無しで行けるようにするための設定メモです。

「自動起動するアプリケーションの設定」でSSH鍵エージェントの設定

予め設定されている内容を参考までにメモ。

  • 名前: SSH鍵エージェント
  • コマンド: /usr/bin/gnome-keyring-daemon --start --components=ssh
  • 説明: GNOMEキーリング: SSHエージェント

ssh-addの自動実行設定

Windows 10のWindows Subsystem for Linux(WSL)を日常的に活用する - ククログ(2017-11-08) を参考にして ~/.bashrc に以下の設定を追加することにしました。

以下の例では秘密鍵のパスが $HOME/.ssh/id_rsa という想定ですが環境に応じて調整してください。

# Add ssh key if not added yet.
if [ -S "$SSH_AUTH_SOCK" ]; then
  if ! ssh-add -l > /dev/null; then
    ssh-add "$HOME/.ssh/id_rsa"
  fi
fi