pbuilderで特定のディストリビューションのchroot環境を作成

はじめに

Ubuntu 18.04上のpbuilderでUbuntu 16.04用のchroot環境を作成するというようにホストと違うディストリビューションのchroot環境を作成する手順のメモです。 といっても pbuilder--distribution オプションを指定するだけです。

Ubuntu 16.04のchroot作成例

--basetgz 無しで作成したchroot環境 /var/cache/pbuilder/base.tgz はホストと同じUbuntu 18.04にしているので、 --distribution オプションとともに --basetgz オプションで違うファイル名を指定します。

以下の例ではついでにIIJのミラーからインストールするようにしています。

sudo pbuilder create --basetgz /var/cache/pbuilder/xenial.tgz --distribution xenial \
        --components 'main universe' --debootstrapopts --variant=buildd \
        --mirror http://ftp.iij.ad.jp/pub/linux/ubuntu/archive/

さらについでにホスト側もIIJのミラーを使うように変更する手順もメモです。

sudo sed -i.bak -e 's|http://jp.archive.ubuntu.com/ubuntu/|http://ftp.iij.ad.jp/pub/linux/ubuntu/archive/|' /etc/apt/sources.list