add-apt-repositoryを使わずにPPAをapt-lineに追加する方法

はじめに

PPAのページにはPPAを追加するには add-apt-respository コマンドを使うように書かれています。

例えば gcc-7 などを配布しているPPA Toolchain test builds : “PPA for Ubuntu Toolchain Uploads (restricted)” team の Adding this PPA to your system には以下のように書かれています。

sudo add-apt-repository ppa:ubuntu-toolchain-r/test
sudo apt-get update

ですが、LXDのコンテナの Ubuntu Xenial のイメージなどでは add-apt-repository が入っていないので、 apt install software-properties-common でインストールする必要があります。

わざわざこれだけのために入れるのも面倒ですし、ディスクも消費するので、 add-apt-repository を使わない方法を調べました。

add-apt-repositoryを使わないPPAの追加手順

以下の2ステップで追加します。

  1. PPAの公開鍵の追加
  2. apt-lineの追加

PPAの公開鍵の追加

公開鍵のIDを調べて、以下のコマンドでPPAの公開鍵を追加します。以下は公開鍵のIDが BA9EF27F の場合です。

sudo apt-key adv --keyserver keyserver.ubuntu.com --recv BA9EF27F

man apt-key で確認したところ adv サブコマンドは引数を gpg に渡すようになっています。

この方法は linux - sudo apt-key adv –keyserver keyserver.ubuntu.com –recv 7F0CEB10 command returns error - Super User で見つけました。コメントでポート80を明示的に指定する必要があるとありましたが試してみると不要でした。

公開鍵のIDは以下の手順で調べられます。

  1. PPA のページの “Adding this PPA to your system” セクションにある “Technical details about this PPA” というリンクをクリック
  2. 展開されて表示された “Signing Key:” の下のリンクをクリック
  3. “Search results for …” のページで検索結果の keyID の部分をコピー

上記の例のPPAだと以下のように表示されて、 keyID は BA9EF27F となります。

Search results for '0x60c317803a41ba51845e371a1e9377a2ba9ef27f'

Type bits/keyID     Date       User ID
pub  1024R/BA9EF27F 2009-10-22 Launchpad Toolchain builds
         Fingerprint=60C3 1780 3A41 BA51 845E  371A 1E93 77A2 BA9E F27F 

正しく追加できたかは sudo apt-key list で確認できます。

root@addrepomanual:~# apt-key list
/etc/apt/trusted.gpg
--------------------
pub   1024D/437D05B5 2004-09-12
uid                  Ubuntu Archive Automatic Signing Key <ftpmaster@ubuntu.com>
sub   2048g/79164387 2004-09-12

pub   4096R/C0B21F32 2012-05-11
uid                  Ubuntu Archive Automatic Signing Key (2012) <ftpmaster@ubuntu.com>

pub   4096R/EFE21092 2012-05-11
uid                  Ubuntu CD Image Automatic Signing Key (2012) <cdimage@ubuntu.com>

pub   1024D/FBB75451 2004-12-30
uid                  Ubuntu CD Image Automatic Signing Key <cdimage@ubuntu.com>

pub   1024R/BA9EF27F 2009-10-22
uid                  Launchpad Toolchain builds

BA9EF27F の鍵が追加されていることがわかります。

ちなみに別環境で add-apt-repository ppa:ubuntu-toolchain-r/test でPPAを追加した場合は apt-key list の結果は以下のようになりました。 PPA用に /etc/apt/trusted.gpg.d/ubuntu-toolchain-r_ubuntu_test.gpg という別のファイルが作られてそちらに鍵がインポートされています。

root@addrepo:~# sudo apt-key list
/etc/apt/trusted.gpg
--------------------
pub   1024D/437D05B5 2004-09-12
uid                  Ubuntu Archive Automatic Signing Key <ftpmaster@ubuntu.com>
sub   2048g/79164387 2004-09-12

pub   4096R/C0B21F32 2012-05-11
uid                  Ubuntu Archive Automatic Signing Key (2012) <ftpmaster@ubuntu.com>

pub   4096R/EFE21092 2012-05-11
uid                  Ubuntu CD Image Automatic Signing Key (2012) <cdimage@ubuntu.com>

pub   1024D/FBB75451 2004-12-30
uid                  Ubuntu CD Image Automatic Signing Key <cdimage@ubuntu.com>

/etc/apt/trusted.gpg.d/ubuntu-toolchain-r_ubuntu_test.gpg
---------------------------------------------------------
pub   1024R/BA9EF27F 2009-10-22
uid                  Launchpad Toolchain builds

手動で同じ構成にするのは以下のようにすれば出来ます。

gpg --no-default-keyring --keyring /etc/apt/trusted.gpg.d/ubuntu-toolchain-r_ubuntu_test.gpg --fingerprint
curl -sS 'http://keyserver.ubuntu.com:11371/pks/lookup?op=get&search=0x1E9377A2BA9EF27F' \
        | apt-key --keyring /etc/apt/trusted.gpg.d/ubuntu-toolchain-r_ubuntu_test.gpg add -

gpg でデフォルトと別のkeyringファイルを作る方法は gnupg - How to create additional gpg keyring - Super User で見つけました。

curl に指定しているURLは以下の手順で調べられます。

  1. PPA のページの “Adding this PPA to your system” セクションにある “Technical details about this PPA” というリンクをクリック
  2. 展開されて表示された “Signing Key:” の下のリンクをクリック
  3. “Search results for …” のページで検索結果の keyID のリンクのURLをコピー

このリンク先のページは公開鍵を含むHTMLになっていますが、 apt-key add サブコマンドは公開鍵の前後は無視して処理してくれました。

ただし、この手順にはcurlが必要で、LXDのxenialイメージには含まれていないので apt install curl でインストールが必要です。なので手軽に実行するには冒頭の手順のほうが良いです。

ちなみに gpg で keyring を作っておいて sudo apt-key adv --keyserver keyserver.ubuntu.com --keyring /etc/apt/trusted.gpg.d/ubuntu-toolchain-r_ubuntu_test.gpg --recv BA9EF27F というのも試してみたのですが、 /etc/apt/trusted.gpg のほうにインポートされてしまいました。

apt-lineの追加

これは /etc/apt/sources.list に追記するか /etc/apt/sources.list.d/.list という拡張子を持つファイルを作ればOKです。後者のほうが管理しやすいと思います。

例えば ubuntu-toolchain-r/test の場合は以下のようにします。

echo 'deb http://ppa.launchpad.net/ubuntu-toolchain-r/test/ubuntu xenial main' \
         | sudo tee /etc/apt/sources.list.d/ubuntu-toolchain-r-ubuntu-test-xenial.list

追加する内容は、 PPA のページの “Adding this PPA to your system” セクションにある “Technical details about this PPA” を展開し、 “Display sources.list entries for:” の右のドロップダウンリストでお使いのディストリビューションを選べば表示されます。

今回の例だと以下の内容です。

deb http://ppa.launchpad.net/ubuntu-toolchain-r/test/ubuntu xenial main 
deb-src http://ppa.launchpad.net/ubuntu-toolchain-r/test/ubuntu xenial main 

deb-src の行は apt source パッケージ名 でdebのソースパッケージをダウンロードするときに必要ですが、それ以外では不要なので上記では省略しています。

あとは apt update すれば apt install パッケージ名 で必要なパッケージをインストール可能になります。