github.com/facebookgo/graceパッケージでグレースフルリスタートを試してみた

はじめに

go, go-carbon, carbonapiのrpmをfedora coprでビルドしてみた でcarbonapiが facebookgo/grace: Graceful restart & zero downtime deploy for Go servers. を使っていることに気づいたので、それでグレースフルリスタートを試してみました。ということでメモです。

facebookgo/grace

goのグレースフルリスタートについては Go言語でGraceful Restartをする - Shogo's Blog の記事にお世話になっていました。

この記事を読んで自分で書いたサーバプログラムでは facebookgo/grace ではなく lestrrat/go-server-starter: Go port of start_server utility (Server::Starter) を利用させていただいています。

一方、carbonapiではfacebookgo/graceを利用しています。コードはこれだけ。簡単ですね。

main.go#L1181-L1184

err = gracehttp.Serve(&http.Server{
    Addr:    Config.Listen,
    Handler: handler,
})

systemdならPIDFileを書くだけでOK

systemd.servicePIDFile の説明を読むと Type=forking の場合には PIDFile を設定するのがお勧めとあります。

Type=simle でも機能するのかなと思って試してみるとうまく行きました!

実際のservice定義ファイルは carbonapi-rpm/carbonapi.service です。

[Unit]
Description=carbonapi server
Documentation=https://github.com/go-graphite/carbonapi
Wants=network-online.target go-carbon.service
After=network-online.target go-carbon.service

[Service]
User=carbon
Group=carbon
Type=simple
Restart=on-failure
EnvironmentFile=/etc/sysconfig/carbonapi
ExecStart=/usr/sbin/carbonapi -z $ZIPPER_URL -pid /var/run/carbonapi/carbonapi.pid -graphite $GRAPHITEADDR -p $PORT -i $INTERVAL -cpus $CPUS -cache $CACHE_TYPE -memsize $MEMSIZE -l $CONCURRENCY_LIMIT -idleconns $IDLECONNS -logdir $LOGDIR
ExecReload=/bin/pkill -USR2 --pidfile /var/run/carbonapi/carbonapi.pid
PIDFile=/var/run/carbonapi/carbonapi.pid
LimitNOFILE=65536

[Install]
WantedBy=multi-user.target

これで systemctl reload carbonapi でグレースフルリスタートがかかります。 その後 systemctl status carbonapi で確認するとacitveになっていて、表示されているpidも /var/run/carbonapi/carbonapi.pid の内容に一致していました。

横でリクエストを打ち続けて取りこぼしがないかとかはまだ試していません。

なお、上のservice定義ファイルでは EnvironmentFile を使っているので pidファイルのパスも出来れば環境変数で設定・参照したいところです。 systemd の Environment / EnvironmentFile では変数展開できません - Qiita を読んで試行錯誤したのですが、うまくいかなかったので諦めました。

おわりに

systemdを使うのであれば github.com/facebookgo/grace でのグレースフルリスタートはお手軽でよさそうです。ということで今後使っていきたいと思います。