LXDのDHCPで使っていないIPアドレスを一括で解放するスクリプトを書いた

LXDコンテナで固定IPアドレスを使うための設定 · hnakamur's blog at github の設定を行ってもIPアドレスが指定通りにならないことがありました。

journal -xe で見てみると

Aug 11 22:46:55 bai1b7faf04 dnsmasq-dhcp[11082]: not using configured address 10.155.92.102 because it is leased to 00:16:3e:1e:08:8a

というメッセージが出ていて、他のMACアドレスに貸出中になっています。

ググってみると [SOLVED] dnsmasq force release/renew of dhcp clients, how? に回答がありました。

使っていないIPアドレスを手動で消す

sudo systemctl stop lxd-bridge

で止めて

sudo vi /var/lib/lxd-bridge/dnsmasq.lxdbr0.leases

で使っていないIPアドレスの行を全て削除します。

その後

sudo systemctl start lxd-bridge

で再起動します。

自動で消すスクリプトも書きました

これでよいかと思ったら、 http://lists.thekelleys.org.uk/pipermail/dnsmasq-discuss/2013q3/007356.html を見て dhcp_release というコマンドを使えば lxd-bridge の再起動が不要なことを知りました。

ということでスクリプトを書いてみました。 https://gist.github.com/hnakamur/7ed3f7c6175817b633586a1b468bd5c1

 1
 2
 3
 4
 5
 6
 7
 8
 9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
#!/bin/sh
set -eu

# Set value of LXD_BRIDGE
. /etc/default/lxd-bridge

addr_list_file=/tmp/lxd-addr-list.`date +%Y-%m-%dT%H:%M:%S`
lxc list | awk '$4=="RUNNING"{print $6}' > $addr_list_file
cleanup() {
  rm $addr_list_file
}
trap cleanup EXIT

awk -v addr_list_file=$addr_list_file -v interface=$LXD_BRIDGE '{
  mac_addr = $2
  addr = $3
  ret = system(sprintf("awk -v addr=%s '\''BEGIN{rc=1} $1==addr{rc=0} END{exit rc}'\'' %s", addr,  addr_list_file))
  if (ret == 1) {
    system(sprintf("sudo dhcp_release %s %s %s", interface, addr, mac_addr))
  }
}' /var/lib/lxd-bridge/dnsmasq.$LXD_BRIDGE.leases

Ubuntu 16.04 の場合 dhcp_release コマンドを使うには以下のように dnsmasq-utils パッケージをインストールする必要があります。

sudo apt -y install dnsmasq-utils