manyrustという複数バージョンのrustインストールスクリプトを書いた

multirustがあるのに、なぜ新たに書いたのか

rustのインストールはInstall · The Rust Programming Languageにあるように複数のチャネルから選んでインストールします。

  • stable (安定版)チャネル
  • beta (ベータ版)チャネル
  • nightly (毎晩ビルドされる)チャネル

rustでunstableなAPIを使うにはnightlyを使う必要があるので、たいていはstableとnightlyの両方をインストールして使い分けたくなるはずです。 その用途には定番のスクリプトとしてbrson/multirustがあります。

私も使っていましたが、rustのソースコードの整形ツールnrc/rustfmtをビルドして起動しようとするとエラーになってしまいました。

既にbuilding cargo atop multirust fails, dyn link problems (Mac OS X) · Issue #43 · brson/multirustにイシューが上がっていて、コメント106758695にあるように環境変数 DYLD_LIBRARY_PATH を設定すれば問題は解消するとのことです。

ディレクトリによって環境変数を切り替えるのはdirenv/direnvが便利です。ただ、direnv を使うのであれば、そもそも multirust のように rustc などの実行ファイルをラップしたシェルスクリプトを作る必要は無いわけです。

rustの複数のバージョンを異なるディレクトリにインストールしておいて、利用するディレクトリごとに環境変数 PATHDYLD_LIBRARY_PATH を切り替えればいいだけです。

であれば、 multirust 使わなくてももっとシンプルなスクリプトでいいよね、ということで書いたのが manyrust です。現状はOSXのみサポートしています。

インストール手順

以下のようにして ~/binmanyrust スクリプトを配置します。

mkdir ~/bin
curl -s -o ~/bin/manyrust https://raw.githubusercontent.com/hnakamur/manyrust/master/manyrust
chmod +x ~/bin/manyrust

環境変数 PATH$HOME/bin を追加して有効にします。 bashの場合はこんな感じです。

echo 'export PATH="$HOME/bin:$PATH"' >> ~/.bash_profilie
exec $SHELL -l

rustのインストール

stableチャネルの最新版をインストール

manyrust install

betaチャネルの最新版をインストール

manyrust install beta

nightlyチャネルの最新版をインストール

manyrust install nightly

rustを利用する側の作業ディレクトリでの設定

stableチャネルの最新版を使うディレクトリでの設定

manyrust showcfg >> .envrc
direnv allow .

nightlyチャネルの最新版を使うディレクトリでの設定

manyrust showcfg nightly >> .envrc
direnv allow .

nightlyチャネルの特定のバージョン2015-07-14を使うディレクトリでの設定

manyrust showcfg nightly 2015-07-14 >> .envrc
direnv allow .

応用例

基本的にはstableチャネルのrustを使いたいが、特定のディレクトリ下ではnightlyを使いたい場合は $HOME/.envrc にstableを使う設定を書いておいて、特定のディレクトリの .envrc ではnightlyを使う設定を書いておけばOKです。

$ manyrust showcfg >> ~/.envrc
direnv: error .envrc is blocked. Run `direnv allow` to approve its content.
$ direnv allow ~
direnv: loading ../../../../.envrc
direnv: export +DYLD_LIBRARY_PATH ~PATH
$ mkdir ~/nightly_work
$ cd !$
cd ~/nightly_work
$ manyrust showcfg nightly >> .envrc
direnv: error .envrc is blocked. Run `direnv allow` to approve its content.
$ direnv allow .
direnv: loading .envrc
direnv: export +DYLD_LIBRARY_PATH ~PATH
$ rustc --version
rustc 1.3.0-nightly (e4e93196e 2015-07-14)
$ echo $DYLD_LIBRARY_PATH
/Users/hnakamur/rust/nightly/2015-07-14/rust/lib:
$ cd
direnv: loading .envrc
direnv: export +DYLD_LIBRARY_PATH ~PATH
$ rustc --version
rustc 1.1.0 (35ceea399 2015-06-19)
$ echo $DYLD_LIBRARY_PATH
/Users/hnakamur/rust/stable/1.1.0/rust/lib:

direnvを使って設定を切り替えることの利点

上の例で生成した設定ファイルは以下のようになっています。

$ cat ~/.envrc
source "${MANYRUST_ROOT:-$HOME/rust}/stable/current/etc/bashrc"
$ cat ~/nightly_work/.envrc
source "${MANYRUST_ROOT:-$HOME/rust}/nightly/current/etc/bashrc"

souce で読み込むファイルは manyrust install で以下のように生成されています。

$ cat ~/rust/stable/current/etc/bashrc
rust_root="${RUSTS_HOME:-$HOME/rust}/stable/1.1.0/rust"
export PATH="$rust_root/bin:$PATH"
export DYLD_LIBRARY_PATH="$rust_root/lib:$DYLD_LIBRARY_PATH"
$ cat ~/rust/nightly/current/etc/bashrc
rust_root="${RUSTS_HOME:-$HOME/rust}/nightly/2015-07-14/rust"
export PATH="$rust_root/bin:$PATH"
export DYLD_LIBRARY_PATH="$rust_root/lib:$DYLD_LIBRARY_PATH"

direnv を使わずに何回もこういうファイルを source すると、 PATHDYLD_LIBRARY_PATH の中身がどんどん増えてしまいます。

$ eval `manyrust showcfg beta`
$ echo $DYLD_LIBRARY_PATH
/Users/hnakamur/rust/beta/1.2.0-beta.2/rust/lib:
$ eval `manyrust showcfg stable`
$ echo $DYLD_LIBRARY_PATH
/Users/hnakamur/rust/stable/1.1.0/rust/lib:/Users/hnakamur/rust/beta/1.2.0-beta.2/rust/lib:

長いだけではなく、この例だとstableには無いがnightlyにあるライブラリが存在するとstableのライブラリを使いたいのにnightly側が使われてしまうという問題が起きてしまいます。

direnv を使っていれば、上の応用例のように DYLD_LIBRARY_PATH の値が追加されるのではなく設定が切り替えられるので、この問題は起きません。

rustfmtのビルドとインストール

で、ここまで書いてから rustfmt をビルド、インストールしようとして問題に気付きました。 rustfmt~/rust/nightly/current/rust/bin/ に置いて上記のように .envrc で切り替えればいいかと思っていたのですが、そうすると stable を使うように .envrc を設定したディレクトリでは rustfmt が使えなくなってしまいます。

またnightlyのバージョンが上がると rustfmt をビルドし直す必要もあります。

これを回避するためにはビルドした rustfmt~/bin/rustfmt.bin と名前を変えて ~/bin に置いて、ラップしたスクリプトを ~/bin/rustfmt という名前で作成します。

具体的な手順は以下の通りです。

git clone https://github.com/nrc/rustfmt
cd rustfmt
manyrust showcfg nightly >> .envrc
direnv allow .
cargo build --release
cp target/release/rustfmt ~/bin/rustfmt.bin
cat <<'EOF' > ~/bin/rustfmt
#!/bin/sh
DYLD_LIBRARY_PATH="${MANYRUST_ROOT:-$HOME/rust}/nightly/2015-07-14/rust/lib" $HOME/bin/rustfmt.bin "$@"
EOF

今後nightlyを追加インストールした時に rustfmt が依存しているディレクトリが新しいバージョンの lib ディレクトリに存在しない場合に備えて、 DYLD_LIBRARY_PATH~/rust/nightly/current/rust/lib ではなく特定のバージョンの lib ディレクトリを指定しています。

ということで、 rustfmt に関しては multirust でも manyrust でも同じことで、DYLD_LIBRARY_PATH を設定して実行するようなスクリプトを書いてラップする必要があるというオチでした。