さくらのVPSにFreeBSD 10.1をクリーンインストールした時のメモ

はじめに

さくらのVPSにFreeBSD 10.1をクリーンインストールしてみましたので、手順をメモしておきます。作業した環境は MacBook Pro (USキーボード) です。 インストール後以下の設定を行います。

なお、インストールには下記のページを参考にしました。ありがとうございます!

インストール準備

ISOイメージをミラーから取得してVPSにsftpでアップロード

FreeBSD-related Sites in Japanを見てftp3.jp.FreeBSD.org (ftp.sakura.ad.jp)からダウンロードすることにしました。

ブラウザで ftp://ftp3.jp.freebsd.org/pub/FreeBSD/releases/ISO-IMAGES/10.1/ を開き ftp://ftp3.jp.freebsd.org/pub/FreeBSD/releases/ISO-IMAGES/10.1/FreeBSD-10.1-RELEASE-amd64-bootonly.iso をダウンロードします。

これをISOイメージインストール|さくらインターネット公式サポートサイトの手順を参考にアップロードします。

OS Xにはsftpコマンドが標準で入っているのでそれを使います。接続情報は、さくらのVPSのコントロールパネルで確認します。 ここでは、ユーザ名をvpsXXXXXXXXXXXX, ホスト名をvps-isoY.sakura.ad.jpとして説明します。

isoファイルのあるディレクトリでsftpを実行し、以下の手順で上記のisoファイルをアップロードします。

$ sftp vpsXXXXXXXXXXXX@vps-isoY.sakura.ad.jp
vpsXXXXXXXXXXXX@vps-isoY.sakura.ad.jp's password: (パスワードを入力)
sftp> cd iso
sftp> put FreeBSD-10.1-RELEASE-amd64-bootonly.iso
sftp> quit

アップロードが完了したらsftpコマンドは終了します。さくらのVPSのコントロールパネルの「ISOイメージインストール」のポップアップの「ISOイメージ情報」に今アップロードしたisoファイルが表示されたことを確認し、「マウント設定」の「設定内容を確認する」ボタンを押し、「インストールを実行する」ボタンを押します。

インストール

「VNCコンソール(HTML5版)を起動」ボタンを押してコンソールで作業します。

キーマップの確認

HTML5版のVNCコンソールは、どうも日本語キーボードを想定しているようで、USキーボードだと以下のように一部の記号の配置が異なっています。 なお、キーマップはデフォルト(US配列)を選択しています。

押したキーを左、入力された文字を右に示します。

ホスト名設定

“Please choose a hostname for this machine.“の画面ではVPSのコンソールの標準ホスト名を入力します。

インストールするコンポーネントの選択

初期選択状態は以下のようになっていました。

gamesとlib32を外して、docとsrcを追加しました。

ネットワーク設定

(ボツ) IPv6を有効にすると失敗しました

ダウンロードは無事に進んだようなのですが、その後以下のエラーが出ました。

Abort
Distribution extract failed

An installation step has been aborted. Would you
like to restart the installation or exit
the installer?

ミラーサイト選択

「Mirror Selection」の画面では「ftp://ftp3.jp.freebsd.org Japan #3」を選択します。

パーティション作成

今回は「Auto (ZFS)」にしました。 「ZFS Configuration」ではそのまま「»> Install Proceed with Installation」を選びます。

ZFSの仮想デバイスタイプ

「stripe」を選びました。

ブロックデバイス選択

「vtbd0 VirtIO Block Device」をスペースキーを押して選択します。

“Last Chance! Are you sure you want to destroy the current contents of the following disks: vtbd0” では[YES]を選びます。

rootユーザのパスワード設定

以下のようにrootユーザのパスワードを設定します。なぜかreturnキーが効かないようなのでCtrl-Jで代用しました。

Please select a password for the system management account (root):
Changing local password for root
New Password: (パスワードを入力してCtrl-Jを押す)
Retype New Password: (パスワードを入力してCtrl-Jを押す)

表示も変で、Ctrl-Jを押した時に行が次の行に進みますが、行頭には戻らず続きのカラムから表示されていました。

タイムゾーン設定

“Is this machine’s CMOS clock set to UTC? If it is set to local time, or you don’t know, please choose NO here!” ではハードウェアの設定はわからないので「No」を選びます。

「Select a region」では「5 Asia」を選び、「Select a country or region」では「18 Japan」を選びます。 “Does the abbreviation `JST' look reasonable?“に「Yes」を選びます。

自動起動するサービス選択

Choose the services you would like to be started at boot:
  [ ] local_unbound  Local caching validating resolver
  [*] sshd           Secure shell daemon
  [ ] moused         PS/2 mouse pointer on console
  [ ] ntpd           Synchronize system and network time
  [ ] powerd         Adjust CPU frequency dynamically if supported
  [*] dumpev         Enable kernel crash dumps to /var/crash

ntpdを追加選択します。

ユーザ追加

sshでログインする管理用のユーザとして「admin」という名前のユーザを追加することにします。あとでsudoersに追加するのでadminユーザのセカンダリグループにwheelを追加します。

“Would you like to add users to the installed systems now?“に「Yes」を選びます。

Add Users
Username: admin
Full name: admin
Uid (Leave empty for default): (Ctrl-Jを押す)
Login group [admin]: (Ctrl-Jを押す)
Login group is admin. Invite admin into other groups? []: (wheelと入力してCtrl-Jを押す)
Login class [default]: (Ctrl-Jを押す)
Shell (ch csh tcsh nologin) [sh]: (Ctrl-Jを押す)
Home directory [/home/admin]: (Ctrl-Jを押す)
Home directory permissions (Leave empty for default): (Ctrl-Jを押す)
Use password-based authentication? [yes]: (Ctrl-Jを押す)
Use an empty password? (yes/no) [no]: (Ctrl-Jを押す)
Use a random password? (yes/no) [no]: (Ctrl-Jを押す)
Enter password: (パスワードを入力してCtrl-Jを押す)
Enter password again: (パスワードを入力してCtrl-Jを押す)
Lock out the accout after creation? [no]: (Ctrl-Jを押す)
OK? (yes/no): (yesと入力してCtrl-Jを押す)
adduser: INFO Successfully added (admin) to the user database.
Add another user? (yes/no): (noと入力してCtrl-Jを押す)

インストールの終了

Setup of you FreeBSD system is nearly complete.  You can now
modify your configuration choices. After this screen, you will
have an opportunity to make more complex changes using a shell.

上記の画面では「Exit」を選択して「OK」を押します。

The installation is now finished.
Before exiting the installer, yould
you like to open a shell in the new
system to make any final manual
modifications?

上記の画面では「No」を選択します。

Installation of FreeBSD
complete! Would you like
to reboot into the
installed system now?

上記の画面では「Reboot」を押しても、またインストーラの画面が起動してしまいます。 そこで、さくらのVPSのコンソールで「OSインストール」→「ISOイメージインストール」を選び、「ISOイメージアップロード情報」の「アカウントの削除」ボタンを押します。 「アカウントを削除してよろしいですか?アップロードしたファイルも削除されます。」と表示されたら「削除する」ボタンを押します。

その後「ISOイメージインストール」のポップアップで「キャンセル」を押してVPSのコンソールに戻りツールバーの「強制停止」ボタンを押して停止した後「起動」ボタンを押して起動します。

インストール後の設定

adminユーザの公開鍵の設置

ここでは、OS X側で秘密鍵・公開鍵を作成済みとし、秘密鍵は ~/.ssh/id_rsa、公開鍵は ~/.ssh/id_rsa.pub とします。

OSX上で以下の操作を行い、公開鍵をサーバに転送します。

scp ~/.ssh/id_rsa.pub admin@サーバのIPアドレス:

adminユーザのパスワードを聞かれるので入力します。

その後sshでサーバにログインします。

ssh admin@サーバのIPアドレス

パスワードを入力すると以下のようなメッセージが表示されます。アドレスのXXX.XXX.XXX.XXXとRSA鍵のフィンガープリントはここでは伏せていますが実際は異なる値になります。「yes」と入力してログインしてください。

The authenticity of host 'XXX.XXX.XXX.XXX (XXX.XXX.XXX.XXX)' can't be established.
RSA key fingerprint is yy:yy:yy:yy:yy:yy:yy:yy:yy:yy:yy:yy:yy:yy:yy:yy.
Are you sure you want to continue connecting (yes/no)?

パスワードを入力してサーバにログインしたらサーバ上で以下のコマンドを実行し、カギ認証でログインできるようにします。

mkdir ~/.ssh
chmod 700 ~/.ssh
mv id_rsa.pub ~/.ssh/authorized_keys

今度はOS X側で ~/.ssh/configというファイルが無い場合は新規作成した上で、以下の内容を追加します。

Host 接続に使用するお好みのホスト名エイリアス
  Hostname サーバのIPアドレス
  User admin
  PasswordAuthentication no
  IdentityFile ~/.ssh/id_rsa

IdentityFileの行は ~/.ssh/id_rsa はデフォルト値なので、この場合はこの行自体不要です。別のファイル名にしていた場合は設定が必要です。

この設定を加えた状態で、OS Xから以下のようにコマンドを実行しパスワードを聞かれずにログインできれば成功です。

ssh ホスト名エイリアス

sshパスワード認証の無効化

鍵認証でssh接続できるようになったら、悪意を持った第三者の攻撃でパスワードを当ててログインされてしまうのを防ぐため、パスワードでのログインを無効にします。

サーバ上で以下の手順を実行します。まず以下のコマンドを実行してrootユーザになります。

su -

rootユーザのパスワードを聞かれますので入力します(1行が長いのでブラウザでコピペする際は右の方までスクロールしてください)。

sed -i .orig -e 's/^#\(PasswordAuthentication no\)/\1/;s/^#\(UsePAM\) yes/\1 no/;s/^#\(X11Forwarding\) yes/\1 no/' /etc/ssh/sshd_config
less /etc/ssh/sshd_config

で設定内容を確認します。

…(略)…
PasswordAuthentication no
…(略)…
UsePAM no
…(略)…
X11Forwarding no
…(略)…

となっていればOKですのでqを押してlessを終了します。

以下のコマンドを実行してsshdを再起動します。

/etc/rc.d/sshd restart

次に実際にパスワード認証が無効化されたことを確認します。

一旦このrootユーザの接続は残しておいて、OS X上で別のターミナルを開き、~/.ssh/configを以下のように編集します。

Host 接続に使用するお好みのホスト名エイリアス
  Hostname サーバのIPアドレス
  User admin
  PasswordAuthentication yes
  PubkeyAuthentication no
  #PasswordAuthentication no
  #IdentityFile ~/.ssh/id_rsa

この状態で

ssh ホスト名エイリアス

のようにコマンドを実行した時にパスワードを聞かれることなく以下のように表示されれば、パスワード認証は正しく無効化できています。

Permission denied (publickey,keyboard-interactive).

上記の確認ができたらOS Xの~/.ssh/configは元の内容に戻しておいてください。

セキュリティパッチの適用

先ほどのrootで接続していたターミナルに戻ってセキュリティパッチを適用します。

18.2. FreeBSD Updateの「セキュリティパッチの適用」の項を参考にします。

Bug 198030 – /usr/src/crypto/openssl/util/mkbuildinf.pl: No such file or directory on freebsd-update installのバグを回避するため Comment 7の手順を実行してから、パッチを適用します。

# freebsd-update fetch
# mkdir -p /usr/src/crypto/openssl/util
# freebsd-update install

freebsd-update patch を実行すると、アップデートを取得後moreコマンドが起動して更新されたファイル一覧を確認できます。スペースキーを押してページを進め、確認したらqを押して終了します。

sudoのインストールと設定

rootユーザで以下のコマンドを実行します。

pkg install -y sudo

すると以下のようにpkgコマンド自体をインストールするか聞かれますので、yと入力します。

The package management tool is not yet installed on your system.
Do you want to fetch and install it now? [y/N]:

pkgとsudoのインストールが終わったら、以下のコマンドを実行してsudoの設定を変更します。

visudo

ここではwheelグループにsudoを許可します。

# %wheel ALL=(ALL) ALL

の行を

%wheel ALL=(ALL) ALL

のように変更して:wqで保存して終了します。

sudoの設定を確認するため、rootのターミナルは一旦置いておいて、OS Xからsshでadminユーザでログインし、以下のコマンドを実行します。

sudo -i

以下のようにメッセージが表示されますので、adminユーザのパスワードを入力します。 rootユーザのプロンプトが出れば成功です。

$ sudo -i

We trust you have received the usual lecture from the local System
Administrator. It usually boils down to these three things:

    #1) Respect the privacy of others.
    #2) Think before you type.
    #3) With great power comes great responsibility.

Password:
root@ホスト名からドメインを除いたもの:~ #

確認できたら、このターミナルでCtrl-Dを押してadminユーザに戻り、さらにCtrl-Dを押してログアウトします。 先程残しておいたrootユーザのターミナルも同様にしてログアウトします。

おわりに

いくつかハマりどころがありましたが、さくらのVPSにFreeBSD 10.1をクリーンインストールできました。